引っ越しで出てくる遺品整理

大切な遺品整理がおわったら、引っ越し

遺品

●遺品整理
葬儀後や家を引っ越しする際に故人が残した物を整理することを遺品整理と言います。
遺品整理は「処分」とは違い、遺品整理する人がその故人を供養する心を込めるものです。こういった遺品整理に対しての考え方は近年孤独死などが増え、それをきっかけに命の尊さを改めて考えるといった意味で広がっています。
故人の遺品は引っ越しの際によく発見され、その処分や整理に困った親族や管理人などからの依頼が多いようです。

遺品は故人の思いがこもったものと考えられています。それを整理し、あるべき場所へ引っ越しさせることが一番の供養という考え方です。

●整理士
家を引っ越しする際に見つかるのが多い遺品ですが、これらの遺品に対して誠実な人たちがいます。
それは遺品整理士と呼ばれる人たちです。
これは上記で述べた整理の意味や命の尊さを理解した人が整理士の資格を習得することで認定されます。
これは国からも優先的に仕事をもらえたりといったことがあります。しかし、仕事を貰える利点以上に、その考えを周りの人に伝えるといった大きな役割を担っているのです。
その考え方を周りの人に伝えることができれば資格の取得などをする必要なく、整理の理解を広められると考えられています。

イチ押しリンク

費用やサービスについて紹介してます~安心引越しガイド~
初めてのお引っ越しなら安心できるこちらがおすすめ|赤帽いいとも急便
遺品整理を頼むなら栃木の業者にお願いしましょう【遺品整理110番】
引越すならこのサイト!|引越し業者一覧ガイド